上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日常のなかの、ふとした場面で、窮地に立たされた過去へフラッシュバックを起したら。

過去の窮地をどうやって脱してきたか。

他人を責めること
自分を責めること
近過去を振り返ること
先を読むこと

脱出成功作戦が癖として体に染みついているので、
その成功体験を繰り返して、現状を切り抜けるという癖を無意識に出しています。

萎縮して、混乱した瞬間に、早くここから脱出したくて脳内コンピュータが忙しく働き、
現状がおろそかになる、
目の前にいる人と会話していない、
見るべきところを見ていない、
という状況が起こっているのだと思います。

現状がおそろかになる、現状に留まれないとは、
自分の感情を見ようとしていない、人も見ようとしていない状態です。


萎縮、混乱、は窮地から脱出するために引き起こしていて、
混乱が解決した時、
ほ~~~~~
成功
終わりよければすべてよし
喉元過ぎれば熱さを忘れる

過去を忘れていくことを繰り返しているのだと思います。

まず、自分が混乱していることを知る、
それには、混乱していない状態でいることで、違いを知ること
混乱しないでいられる状況、
探せば意外とあるんじゃないかと思います。


ちえ
スポンサーサイト

【2014/09/03 13:59】 | セッション振り返り
|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。